archive

ヘアスタイルを一時的に変える方法として、ウィッグ、かつら、エクステなどをつけるという方法があります。
ウィッグとかつらは、呼び方が違うだけで明確な違いはありません。ウィッグをつけたり、かつらをかぶったりするのは、髪型を一時的に変えたい時です。例えば、髪が薄いのを気にしている人や、一時的にまったく違う髪型にしたい時などはこれらを利用します。

そして、ウィッグとかつらはほとんど同じ物ですが、これらとエクステはまったく違います。エクステとは、簡単に言うとつけ毛のことです。地毛に編み込むなどして装着し、毛量を増やしたり、地毛より長く見せたり、地毛とは違う毛の束を装着して一時的に髪型を変えます。

したがって、エクステは地毛に一定の長さと量があることが前提です。そのため、薄毛の状態にある人には、エクステよりもウィッグやかつらの方が適していると言えます。
人間の髪が伸びる早さには限界があります。そのため、一度切ってしまった髪は、一定の期間を置かないと元の長さに戻りません。毛髪にはこのような性質があることから、ロングヘアーからショートヘアーに変えるのは容易です。なぜなら、長い髪を切れば今よりも短い髪になれるからです。

しかし、ショートヘアーをロングヘアーに変えることは容易ではありません。地毛を長くするには、伸びるまで待つという方法を取るしかありません。そのため、短い髪を長くしたい時にはエクステを利用するのです。エクステは、地毛に約5cmの長さがあれば装着できると言われています。必要とされる長さは目安ですが、すぐにヘアスタイルが変えられるので女性に受け入れられています。

オススメリンク

インクリーズヘアーで理想の髪を【噂のインクリーズヘアーに迫る!評判検証サイト】

calendar

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

category

  • カテゴリーなし